So-net無料ブログ作成
検索選択

騎士の世界(番外編)


     「彼らは騎乗で戦った。あるいは、たまたま作戦行動の
      間に徒歩なるのが見られることはあっても、少なくとも、
      移動ときには必ず乗馬であった。更に、彼らは完全武装
      で戦った、攻撃兵器としては槍と剣、時には鉾、防御兵器
      としては、頭部を防御する兜、体を覆うものとしては
      全身あるいは身体の一部分を覆う、鎖帷子、更に手に
      三角形か円形の楯」(マルク・ブロック)



    baiyu-.jpg
            (バイユーの綴れ織 11世紀製作)
        この綴れ織のテーマはノルマンディ公ーウイリアムの
        英国征服物語である。
      中世歩きのごく初期の頃、ノルマンディーのロマネスクを
      訪ねた折り、バイユーを訪ねました。戦場の一シーン。
      非常に緊迫感があります。シーンごとに絵解きがあります。
      手には槍、体には鎖帷子のようなものを纏っています。
      まるで、映画のワン・シーンを観ているようです。
      (騎乗の騎士はウィリアム軍)

      CIMG2798.JPG
        (ロッシュのお城 アンジュー伯が築かせたという)

       さて、この中世における騎士といえば、チャンチャンバラバラ
       ただ騎乗で戦ったに過ぎない存在に見えますが、実はその存在は
       はなはだ、奥深いものがあります。

       中世ヨーロッパの封建社会を考える場合、この騎士社会は無視
       出来ない。彼らは上は王や大諸侯、下は下級騎士という幅広い
       地位だったと言われています。

       ここでは、深入りしませんが、重要なことは、彼らは貴族
       の一員だったということでしょうか。
        
                    (巻頭の言葉は「封建社会」 マルク・ブロック著 新村猛他訳 
       みすず書房)
        (画像はすべてyoku撮影)     


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。