So-net無料ブログ作成
検索選択

Musee National de Cluny,武具の世界 ①(仏)


     久しぶりにクリュニー美術館を訪ねました


             DSC_0586.JPG
                              (クリュニー美術館)
        
         15世紀末にクリュニー会の修道院長が建てた邸宅を美術館として利用



             DSC_0245.JPG
                  (チャペル)
                        窮りゅうの中央柱 美的で装飾的である



            DSC_0252.JPG
              (同上)
               支骨 
        中世も末期になると建築も実用的というより、装飾的になっていった 

                 
            DSC_0557.JPG
              (貴婦人と一角獣)
             久しぶりの再会である


           今回は武具を中心に観ることにしました

                          DSC_0565.JPG
               鎖帷子だろうか
               なかなか凝っている

          騎士はこういった防具を身につけて闘っていたのだろう
          現在の衣装のデザインと類似しているのが興味深い


     兜類
            DSC_0573.JPG


            
            DSC_0568.JPG 

           DSC_0584.JPG
            (刀剣類)



                     DSC_0574.JPG

                                 右側には、騎士らしい姿が見える


                   



                    DSC_0575.JPG
    

  
        楯だろうか 詳細に見ると各楯には人物や装飾が
      施されている    
    
   
         武具類については、あまり観る機会がありませんでしたが
      今回は中世の一断面である騎士社会との関連もあり、
      覗いてみました。
     
        


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0