So-net無料ブログ作成
検索選択

光、輝き

                     ー メロヴィング美術 ー

     今回のキーワードは光、輝きです。
     この時代はきら煌びやかなものが尊ばれる時代だったのです。

        DSC_0172.JPG

        例えば、この王冠のように

        DSC_0173.JPG


                DSC_0171 (2).JPG

               正に、目映いばかりの王冠一対である。

                     

  DSC_0181.JPG       DSC_0233.JPG 
                       (グルドンの聖杯 6世紀)
                        グルドン・ブルゴーニュ
                        キリスト教 典礼用具である

            ここでも、やはり鳥が登場
            ここでは煌びやかな装いで

       DSC_0139 (1).JPG DSC_0140 (2).JPG 

       中央アジアの空を飛翔していた猛禽類の鳥が連想されるという。
       嘴と大きな目が特徴。
                    色ガラスから制作。やはり煌びやかである。
       5,6百年頃か。ゲルマン系留め金。

DSC_0199.JPGDSC_0205.JPG

         何の造形だろうか。可愛らしい。     

 DSC_0465 (1).JPG 


 DSC_0185.JPG DSC_0135.JPG  


 DSC_0155.JPG 

     人物の表情が面白い  遺物箱か 銅板を打ち付けたもの  


   今回最も興味深かったものの一つは


 DSC_0461 (1).JPG

 DSC_0112.JPG

  ダゴベルト王の玉座である。折り畳み式のブロンズ製だという。
  精巧なものである。ライオンの表情も実に巧みに出来ている。

        DSC_0457.JPG
         そのほか、このような武具も展示
        
        

     DSC_0127 (1).JPGDSC_0126 (1).JPG


     DSC_0125.JPG

     今回のメロヴィング時代展の会場はローマ時代の遺跡であった。
     初めて目にしただけに、興味津々でした。
               その会場の設営の仕方はガロ・ロマン→メロヴィングの歴史を持つ
     パリならではの発想ではある。 


      さて、メロヴィング時代の美術はきわめて感慨深いものがありました。
      何故なら、この時代の美術が非自然主義であり、大らかさについてです。
    

      クロヴィスのカトリックへの改宗は政治的な意味(フランクの統一など)
      その荒々しい戦国の時代にこのような美術が生まれたとは不思議な感じが
      してならない。             会場        クリュニー美術館 (パリ)                     
                           


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。