So-net無料ブログ作成

フランス揺籃の地を巡る(北フランス)

 
     フランス王朝、揺籃の地、シャンパーニュ地方のランスやヨーロッパの
     枠組みが決まった834年のヴェルダン条約が取り交わされたヴェルダン
     などを訪ねました(昨秋)     

     DSC_0693.JPG
         (ランス大聖堂)
      ランス。 ここはかって最も早く訪ねた中世都市かも知れない。
      そして今では、最も数多く訪ねたゴシック様式のランス大聖堂。


            DSC_0628.JPG
         (サン・レミ教会堂)

      かのクロヴィス(メロヴィング朝を建てる)に洗礼を授けたレミグウス
      の名を冠した由緒あるロマネスクのサン・レミ教会では、今しも、
      ものものしい儀式が行われていました。  
     





           DSC_0782.JPG

       ここヴェルダンも数回目の訪問である。

     今回の北フランスの旅は、パリに住んでいる、娘の夫の父親のお墓詣りを兼ねた
     ものでしたが、(彼には)数回、家を訪ねたり、会ったことがあるだけに、
     思い出深いものでした。
   
     (このシリーズは数回続きます)
  


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。