So-net無料ブログ作成

ランス ノートルダム大聖堂(仏)



      ガリア・ローマ時代から立派な都市であったランス。
      ゴシック様式の建築の最高傑作であり、正面の彫刻も
      素晴らしいランス大聖堂。

      私の記録では、以前訪ねたのは確かパリについで二番目の
      ゴシックだったような気がします。

      ランスは、ちょっと前に取り上げたクロヴィスゆかりの地であり
      (彼はここで聖レミによって洗礼を受けた)
      そしてジャンヌダルクがシャルル七世をフランスの
      王位につけた記念すべき場所もこの大聖堂であった。 


    DSC_0741.JPG
        (ランス大聖堂 西正面)


    DSC_0706.JPG

        (ジャンヌ・ダルク)

                                DSC_0708 (2).JPG


    DSC_0710.JPG        


    DSC_0716.JPG 

        (聖ニケーズと天使)
      聖ニケーズは400年ごろにここランスに司教座を遷した 


    DSC_0715 (2).JPG


                          DSC_0718.JPG


        この主廊の幅は13メートルで、ヴォルトの高さは
        38メートルだという。道理で垂直感がある。
                       (つまり幅が狭い分、天井が高く感じられる)

                       DSC_0728.JPG

    DSC_0721.JPG

       天井は四分ヴォルトである


    DSC_0719.JPG


         三層構成である


         


           DSC_0732.JPG


    DSC_0735 (1).JPG


           DSC_0740.JPG


          DSC_0746 (2).JPG


         DSC_0744.JPG


   DSC_0751.JPG

    ランスの大聖堂ではジャン・ドルベ、、ジャンル・ルー、ゴーシェ・ド・ランス
    ベルナール・ド・ソワッソン、ベルナール・ド・クーシヘなどの建築家の名が
    わかっているという。ゴシック建築で建築にあたった人の名は知りませんでしたが、
    (フランスの古いゴシックでは)まれな例ではないでしょうか(注①)
           なお、今回は 中央扉口付近は工事中で残念ながら付近の彫刻は見れ
    ませんでした。   

          ( 注②* ここを取り上げたのは確か二回目であり、重複している
    部分もあるかと思います)

          (フランスやヨーロッパの文化について造詣の深かった饗庭 孝男さん
     が亡くなられたことを昨日の朝刊で知りました。
     最初にフランスに滞在したとき、氏の著書「石と光の思想」を
     携帯、非常に感銘を受けた記憶があります。
     ご逝去に対してご冥福をお祈り致します)

     (注①「ゴシックと建築空間」より 前川道郎著 ナカニシヤ出版)