So-net無料ブログ作成
検索選択

ロワイヨーモン修道院 Abbey de Royaumont (仏)


      先日の土曜、国会前に行って来た。すごく暑い日でしたが、一万人以上の
  老若男女が集まっていた。元気なhさん(女性)のコールが響いていた。
  

   さて、この修道院行は去年の秋(10月)である。パリから日帰りで訪ねました。
  なかなか中世の雰囲気を感じさせる所でした。途中駅を間違えたが、
  親切なフランス人が修道院まで、車で送って頂き、おまけに観終わったら駅まで
  迎えに来て送って頂いた。ここはちょっと辺鄙なところにある。
  修道院はやはり人里離れた場所に建てられたのである。ここはシトー派の建物で
  あり、それ(辺鄙な場所)が当然のことであった。


      

    聖王ルイが建てた修道院


               DSC_0013 (2).JPG
                       (1235年建築)

     聖王ルイ(1214~1270)フイリップ尊厳王の事業を継いで
     平和のうちに王権を発展させた。また深い信仰心を持ち、聖地の
     奪回を夢見て二度の十字軍を試みたが、いずれも失敗に終わり、テュニス
     病没した(注)

                                  DSC_0028 (2).JPG



             DSC_0027 (2).JPG
 

                                      

              DSC_0017 (2).JPG


             DSC_0033 (2).JPG


             DSC_0034 (2).JPG


 

                                     DSC_0052 (1).JPG


                 DSC_0037 (2).JPG



                                     DSC_0035 (2).JPG



    この修道院はフランス革命時破壊され、今では遺跡のようになっているが、
    それが逆に訪ねる人の往時を偲ぶ縁(よすが)になっている気がします。

           (注:ヨーロッパ中世 芸術と社会より ジョルジュ デュビィ著 藤原書店)